2018年5月8日火曜日

【気にかける、声をかける、次につなぐ】

こんにちは。
社長の社外女房役、
聴く力コンサルタントの安田剛です。


連休明け初日、昨日は各リーダーの
皆さんはどんな表情でお仕事されて
いましたでしょうか?

リフレッシュできて、ゆとりのある
笑顔を見せている人。

こんな時こそ、差をつけるときと
ばかりに目をらんらんと輝かせながら
切れのある仕事ぶりを見せている人。

逆に、どこか冴えない表情で、体の
動きにも重さが感じられる人。

また、スピーディーな動きは見せる
ものの、安定感に欠け、いつもに比べ
集中力の低下が感じられる人。

そんないつもとは違った変化を
敏感に察知して、適切な声をかけて
いらっしゃる方は素晴らしいトップ。

なんとなく気付いてはいるものの、声を
自分がかけるべきか否か逡巡したり、
どう声をかけるべきか悩んでしまったり
している方もいらっしゃるかも
しれませんね。

前回もお伝えしましたように、
トップの仕事は、リーダーの意欲、
能力を最大限に引き出して、成果に
結びつけること。

なので、各リーダーのちょっとした
変化に敏感にキャッチし、一声かける
ことが大切。

あまり難しく考えず、例えば、最初の
ゆとりのある笑顔のリーダーには、
こちらも明るい笑顔で、「いい顔してる
ねぇ、お休み楽しめた?」とか。

二人目の、切れのある仕事ぶりの
リーダーには、こっちも気合を
込めて、「さすが、もうトップギア
入っているみたいだね」とか。

三人目の、どこか冴えない表情の
リーダーには、彼(彼女)の部下が
いないところで、そっと「何か
あった?」とか。

四人目の、いつもに比べ集中力の
低下が感じられるリーダーには、
もう少し配慮が必要。

理性で頑張ろうとしつつも、感情が
追いついてない可能性があるので、
感情を解放させてあげる必要が
あります。

ここに関しては長くなるので、
また別の機会に書きます。

今回、一番お伝えしたいのは、
トップが、リーダー個々のことを
気にかけ、一声かけることは、
想像以上に価値があると言うこと。

気付いた時に、一声かけておくと、
そのリーダーからすると見守られ
ている安心感があるので、何か
あった際に相談しやすくなります。

こちらからすると踏み込んだ
コミュニケーションも取りやすく
なり、次につながります。

ところが、そこで一声かけてないと
次に何か気になることがあったときに、
言い方を間違えると、向こうから
すると、注意されているように
受け取られ、防御の姿勢になる
ことで、コミュニケーションが
取りづらくなります。

交流分析では、肯定的ストロークと
言いますが、日頃の何気ない
愛あるコミュニケーションを
積み重ねて、リーダーの皆さんの
意欲を高めて行きましょう!


“社員の幸せを願う社長”の幸せを
トコトン応援する
聴く力コンサルティング



2018年5月3日木曜日

【伝え方を考える前に捉え方を考える】

こんにちは。
社長の社外女房役、
聴く力コンサルタントの安田剛です。


打てば響くリーダーは、何を話して
いても話がとんとん拍子に進みます
が、打てども打てども響かない
リーダーに対してはどう接したら
いいのか、悩ましいことと思います。

この時、大切なのは、どう伝えるか?
や、どう接するか?という問いから
考えるのではなく、彼(彼女)を
どう捉えるか?から考えること。

関わることを避けて通れない存在で、
思い通りに行かない人ほど、私達を
成長させてくれます。

相手からすれば、自分のことを
問題児として捉えているのか、
それとも意見は違うけれども
掛け替えのない戦力として捉えて
いるのかでは、意欲に格段の違いが
出るのは自然なこと。

トップの仕事は、リーダーの意欲、
能力を最大限に引き出して、成果に
結びつけること。

とするならば、打てども打てども
響かないリーダーの意欲を高めて
彼(彼女)を、「掛け替えのない
戦力で、会社を劇的な成功に導く
貴重な存在」というように捉えて
みてはいかがでしょう。

最初はそう思えなくても、「だと
したら」と考えてみることが大事。

そう捉えると、確実に相手に対する
向き合い方が変わり、相手が受け取る
印象が良くなります。

会社の成果にフォーカスするならば、
リーダー個々の意欲をいかに高める
のかは必須課題。

そこで邪魔するのは、自分の内なる
感情。相手のちょっとした言動から
不快のスイッチが入ると、負の思考
スパイラルに陥ってしまいがちです。

そうならないためにも、相手を
「自分と会社を成長させてくれる
存在」と捉えて、どんな言動に
遭遇しても動じない自分を育んで
行きましょう!


“社員の幸せを願う社長”の幸せを
トコトン応援する
聴く力コンサルティング


2018年4月28日土曜日

【できる前提で考えるリーダーを育てる】

こんにちは。
社長の社外女房役、
聴く力コンサルタントの安田剛です。


どうせ最後はできるんだから!と
信じて疑わないリーダーは、
馬鹿になれる人。
言い換えると、無心に行動できる人。

どうせ無理だから!と諦めグセが
ついているリーダーは、頭でっかち
な人。
言い換えると、悩んでばかりで
行動できない人。

あなたの会社にはどちらのリーダーが
多いでしょうか?

このどうせできる派が、どうせでき
ない派を上回っている場合は、会社の
雰囲気は明るく、逆だと陰鬱とした
雰囲気になりやすいもの。

困難に直面したとき、この2タイプの
リーダーそれぞれの、脳内会話は
どうなっているでしょうか?

前者の場合、方法が見つからなくても、
“できる前提”で考えるので、脳では、
“できる方法”を考え続けることになり
ます。

同時にどんな状況に陥っても、
“できる前提“で考えるので、
受け取り方が前向きで、行動も
早くなります。

一方、後者の場合は、すぐ答えが
見つからないと、不安感情に苛まれ、
脳では、“できない言い訳”ばかりを
考えてしまうことになります。

ということは、受け取り方は
後ろ向きで、行動が止まって
しまう状態。

前者は、明らかに意志の力で脳内
会話をコントロールしている状態。

後者は、受け身で脳内会話を惰性に
委ねている状態。

社内に“どうせできる菌”を蔓延
させる為には、いついかなる時も、
トップができる前提の受け取り方を
示し続けることが有効。

さらに、そう捉えたとき、「〇〇
さんは何ができる?」と問いかけて
考えさせていくプロセスが大事。

根気が求められるので、良き仲間や
良き応援者を近くに確保して行く
ことをお勧めします。

どうせできる前提の考え方が
社内外で広がって行きますように!


“社員の幸せを願う社長”の幸せを
トコトン応援する
聴く力コンサルティング


2018年4月26日木曜日

【ビジョンにつながる受け止め方を選択する】

こんにちは。
社長の社外女房役、
聴く力コンサルタントの安田剛です。


同じ出来事が起きても、受け止め方は
人によって千差万別。

例えば、過去最高益が出たとき、
または、過去最大の赤字が出たとき、
リーダークラスの皆さんは、どう
受け止める方が多いでしょうか?

「人間万事塞翁が馬」と捉えて、
どんなに業績が良くても、謙虚に
受け止め、逆にどんなに悪くても
プラス受信で、谷深ければ山高し
という受け止め方をされるリーダーが
多いでしょうか?

それとも、良い時は気が大きくなり、
不必要にお金の使い方が荒くなったり、
悪い時は、意気消沈して気が小さくなり、
行動まで萎縮してしまったりする
リーダーが多いでしょうか?

大切なことは、どんな状況においても、
まずは、トップがビジョンにつながる
受け止め方を選択しているかどうか。

選択した上で、幹部やリーダーに
ビジョン浸透の機会として、個々の
理解度を踏まえ、問いを通して
気付きを与えていく必要があります。

この問いが重要。
人には思考のクセがあり、受け止め方
にもクセがあるので、意図的に本人が
見えていないと思われる視点を、
問いの形で伝えると、本人の脳が
新たな答えを出そうと働いて
くれます。

例えば、過去最高益で少し浮かれ
気分が見えるリーダーに、「ビジョン
(←具体的な内容で)実現に向けて
攻めの一手を打つ前に、押さえて
おかないと後で後悔する可能性がある
としたら何だと思う?」とか。

過去最大の赤字に意気消沈して、
行動まで萎縮して見えるリーダーに、
「すべての出来事は、ビジョン実現
に向けたドラマの一コマだとしたら、
ここからどんなシナリオを描けば、
みんながやる気になると思う?」
とか。

目の前で浮かれてたり、萎縮して
見えるリーダーがいたりしたら、
イラッとするもの。

そんなときこそ、リーダーが
ビジョン実現に向けて本気になる
チャンスと捉え、問いをうまく
活用して本人の中に気付きを
起こして行きましょう!


“社員の幸せを願う社長”の幸せを
トコトン応援する
聴く力コンサルティング



2018年4月24日火曜日

【共感力の高いリーダーを活かす】

こんにちは。
社長の社外女房役、
聴く力コンサルタントの安田剛です。


社員から、「ちょっとお話があるの
ですが」と言われてドキッとした
経験をお持ちの方は少なくないの
ではないでしょうか?

この後に続くのは、だいたいが、
事情はともあれ、「辞めたい」
という話。

会社もある程度、軌道に乗り、さあ、
これからもう一段本腰入れて攻めて
行こうと言う矢先に、中核を担って
いた社員がぽつぽつと辞めていく。

社長が圧倒的パワーで牽引する中、
社内をまとめるような存在がいないと
社員が疲弊して、上記のような状態に
陥るリスクが高まります。

そんな時、頼りになるのが、共感力の
高いリーダー。
それが№2だとベストですが、総務、
経理部門のまとめ役をされている
女性がキーパーソンとなる場合が
多々あります。

但し、それは、社長と幹部が絶大な
信頼を寄せ、重用している場合。

その女性に才覚があっても、トップや
幹部が大切に扱わなかったら、その
持てる力を活かすことができません。

私が、8社経営することになる社長の
元で働いていたときも、上からも
下からも信頼が厚く、皆さんの
良きパイプ役となっている総務の
女性リーダーがいました。

彼女の特徴は、聞き上手で口が
堅く、それでいて誰に何を伝えて
おいた方が良いかの判断能力が
優れていたこと。

この社長は、こういう女性リーダーを
活かすことが上手かったという点も、
8社がそれぞれに機能した重要な
要素の一つでした。

ただ、一つ注意点は、こういう
共感力の高いリーダーがいると安心
な為、ついつい任せっぱなしに
なっている可能性があるということ。

こういう人にこそ、定期的に水を注ぐ
ことをしていないと、心が枯渇して
気持ちが離れると、社内の信頼の絆が
一気に崩壊するリスクがあるという
ことは抑えておきたいところです。

組織全体のパフォーマンスを上げる
上でも、共感力の高いリーダーを
上手に活かして行きましょう!


“社員の幸せを願う社長”の幸せを
トコトン応援する
聴く力コンサルティング


2018年4月23日月曜日

【リーダーの不動心を育む】

こんにちは。
社長の社外女房役、
聴く力コンサルタントの安田剛です。


人は放っておくと、順境だと調子に
乗り、逆境だとへこむもの。

リーダーの中で、物事がとんとん
拍子に進んで天狗になり、足元を
すくわれた事がある人。

逆に、失敗が続いたり、お客様から
厳しいクレームを受けて、傍目に
見ても大きく落ち込んでいるのが
わかる状態になったリーダーもいる
ことと思います。

こういう“出来事に振り回されている
という状態“は、個人差はあれど、
ビジョンや、目的意識が明確でない
時に起こること。

ビジョンやその仕事の目的が明確で
あれば、順境においては、おごる
ことなく、次のステップに向かい
やすく、逆境においては、その
状況を反省材料として次の肥やし
として活かす発想が湧いてきやすく
なります。

勿論、事はそう単純ではありません
が、常に自分が目指すべき北極星が
明確で、何事も不動心で受け止める
気構えを持つと、揺らされにくく
なるのは確か。

トップとしては、会社としての
北極星を定め、言動が全てその
北極星、すなわち経営理念であり
ビジョンの実現に焦点を合わせ
なくてはなりません。

その徹底度が、各リーダーの不動心
を育むことにもつながります。

目の前のことに一喜一憂するリーダー
のことが気になったときには、自責の
観点で、上記の徹底度を是非、
チェックしてみて下さい。

出来事の受け止め方、問いかけ方が
確実に洗練され、自らの不動心が
育まれます。


“社員の幸せを願う社長”の幸せを
トコトン応援する
聴く力コンサルティング


2018年4月20日金曜日

【強みを活かして勝つ】

こんにちは。
社長の社外女房役、
聴く力コンサルタントの安田剛です。


市民ランナーの星、川内優輝選手
ボストンマラソン優勝のニュースに
勇気づけられた方も多かったのでは
ないでしょうか。

日本勢では、1987年の瀬古利彦さん
以来31年ぶりの快挙だそうです。

寒波と悪天候を「私にとっては最高の
条件」と話したことが新聞でも紹介
されていましたが、これには目を
奪われました。

ケニア、エチオピアなどの強豪選手を
抑えて優勝できた要因はなんだろうと
思って読んでいると、3つのポイントが
見えてきました。

1つ目は、緻密な準備を元に勝つ
イメージをクリアに描けていたこと。

2つ目は、悪天候と言う気象条件を
味方にレースを組み立てられたこと。

3つ目は、圧倒的な出場数の多さから
駆け引き含めた勝負どころの掴み方が
うまかったこと。

川内選手、寒さには滅法強いようで、
今年の1月、氷点下17度という
想像を絶する極寒の中、たった一人
フルマラソンを完走。

しかも記録が2時間18分台を出して
いるそうなので、超人的ですね。
冷凍庫より寒い環境で42.195
キロを走り、しかもこのタイム。
とても人間業とは思えません。

事を成す人というのは、ある種の
“狂気”を持っているというか、その
事に対して狂える人だと思うの
ですが、彼は正にそういう人物
だと感じます。

きっと、これまでもレースごとに
あらゆる課題を克服し、強みを
磨き続けてきていることと思います。

私達も、ビジネスの現場において、
常にそうありたいものですね。

社員一人一人の強みを活かし、
チーム力を高めることで、
最高の成果を出し続ける
組織をつくって行きましょう!


“社員の幸せを願う社長”の幸せを
トコトン応援する
聴く力コンサルティング